05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.01.28 *Thu*

気がつけば

留学を開始して3年が経ちました。
来た当初は「3年もある」と思っていたけれど、気がつけばあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、であっという間に時間が過ぎていった。

はじまりがあれば終わりもあるもので、4月から再び東京に拠点を移すことになりました。
縁あってドイツで日本語を教えているけれど、今度は日本でドイツ語を教えます。

3年間続いてきた日常とももうすぐお別れなのかな、と思うと、ささいなことがかけがえのないもののように感じられる。

うまく行くことばかりではなかった。
それでも、少しずつだけれど、前には進めた。

このまま、ゆるゆるのんびりペースで歩き続けるわけにはいかないので、東京でしっかりと気合いを入れて仕事に取りかかりたいと思います。

スポンサーサイト
category : つれづれ

2015.10.11 *Sun*

しゅっちょう!スペイン(食事編)

9月下旬に一週間ほど、出張でスペインに行ってきました。
経路はハンブルクからマドリード、マドリードからビトリア=ガステイス。最寄りはビルバオだけれど、パリでトランジット6時間強がイヤで、前泊・後泊でマドリードに滞在することに。

ビトリアはロストックとそう変わらない気候で、ちょっと涼しかったけれど、マドリードは夜遅くまで半袖で歩けるほど。日光!
(高速鉄道レンフェでマドリード→ビトリア=ガステイスに向かった際、半袖のまま下車してしまい、寒くて死にそうな目に遭いました。宿が駅から近くてよかった……)


スペインで出会ったうまうまなものたち(の一部)。


IMG_20150921_165051.jpg

スペインといえばタパス。記念すべき第一号。
「ブルシェッタ」がなんだかわからず、「サンドかな?」と勝手に想像してオーダーしたらエビの串焼きでした。おいしかったけど、おいしかったけど……ちょっとお腹が空いた……。

IMG_2643.jpg IMG_2644.jpg

スペイン風オムレツ(じゃがいも入り)とイベリコ豚のコロッケ。
まさかオムレツがこんなにボリューミーだとは思わなかった……どちらも塩分が多めで、「おいしいのにしんどい」状態に。箸休めのピクルス(サービス)がおいしくておいしくて……ピーマンあんまり得意じゃないんだけれど、背に腹は代えられないので、酸味を求めてぱくぱく食べたのであった。

IMG_20150922_135131.jpg

通りがかったバルで頼んだランチメニュー。
若いお兄さんは英語が通じず、おかみさん?に対応してもらった。
メニューの説明をお願いしたら「ミート」か「パスタ」の二択。
肉!っていうくらいだから豚肉を想像していたのだけれど、なんとラム肉でした。うまうま!

IMG_20150922_212600.jpg IMG_2701.jpg

ビトリア=ガステイスのレストランにて。
アンチョビのフライと、バスク地方の名物デザート・ゴシュア(クリームチーズ、ラム酒を浸したスポンジ、カスタードクリーム、キャラメルソース)。美味でした。
マドリードは特に問題なかったけれど、ビトリアには「21時前に開店しているレストラン」はほとんどない(バーとしては開いている)。この時点では、レストランで腰を落ち着けて食べる、というのがビトリアの主流ではないということにまだ気づいていなかった。

IMG_20150924_222507.jpg

学会の参加者と一緒に入ったバルで食べたピンチョス。
ピンチョスをちょちょっとつまんで次の店へ!というのがビトリア風らしい。レストランで腰を落ち着けるよりもたぶん安上がり。

飲みものは、仕事を抱えていたためノンアルコールのぶどうジュース「モスト」を飲んでいました。
ランチの合間に出た赤ワインもちょっと飲んだけれど、昼から飲むものではないね、眠くなってしまう……。スペインっ子におすすめされたのは「リオハ・レゼルヴァ」、大変飲みやすい。

IMG_20150924_142616.jpg

バカリャウのピルピル。バスクの名物とのこと。めちゃくちゃおいしかった。
写真を撮るのを忘れたけれど、スペインのプリン「フラン」は日本のプリンと似ていて、これもおいしかった。ドイツでしっかりしたプリン食べられないからなあ(プリンの味を求めてついつい例のムースを購入してはがっかりする、というのを何度か繰り返している)。

IMG_20150926_161348.jpg

マドリードでランチを食べ損ね、美術館に行きたいがためにコンビニ?みたいなところで買ったトルティーヤサンド。「ハモン」がハムであることがそろそろ理解できてきた滞在6日目。

IMG_2845.jpg

スペインは「ぼっちご飯」がしづらい国だなという印象を受けたので(どこにもおひとりさまがいない!)、最後の夜はデパ地下でお惣菜を買いました。ぶどうジュースに、バカリャウ100g、パエリア100g、サラダ。惣菜が100g単位でしか買えなかったため、エライ量に。結局この夜完食したのはサラダのみで、バカリャウとパエリアは付属のプラスチック容器にまとめ、翌日お昼に空港で食べました。ランチパック!

IMG_2848.jpg

スペインといえばチュロス!
実はマドリードからビトリアに移動するときに買ったのだけれど、「素の状態は味付けがされていない」のと、「(入っていた紙パックから)油が徐々に染み出てくる」のを念頭に入れていなかったため、エコバックに入れて持ち歩いていたらとんでもないことになりました……。ナイロン製のエコバックは、ビトリアにてせっけんでごしごし、幸いシミにはならず。

こちらは、マドリード最後の朝食!チュロスはスペイン人にとって「おやつ」ではなく、「朝ごはん」。ホットチョコレートに浸して食しました。りべんじ!隣の席に座っていた女性は、チュロスに砂糖を振りかけていたので、やはりデフォルトは「味がついていない」んだな……。今までドイツや日本で食べたのは砂糖がかかっていたから、甘いものなんだと思っていたよ!


今回は仕事なのでひとりだったけれど、スペインは複数で行って食べものをいろいろシェアしたほうが何倍も楽しめるんだろうなあ、としみじみ思ったのでした。

ちなみにおみやげはリオハ・レゼルヴァとイベリコ豚のサラミ!いえい。お客さまが来たとき用に待機している。
category : しゅぎょう

2015.09.07 *Mon*

食欲の秋

抜糸後もしばらくは日中の眠気と戦う日々が続いていたけれど、退院2週間目にしてやっと図書館で作業ができるようになりました。さすがにまだプールに行こう!という気にはならないけれど、あともう少し。9月に入ってからだいぶ涼しくなったけれど、傷口が痛むようなこともなし。ベッドで腹這いになったり、起き抜けにうーんと伸びをしたときにぴりっとするくらいか。

ここ1週間、いろんな料理を作ってみたり。

IMG_20150902_211148.jpg IMG_20150903_203115.jpg

アンズダケ(Pfifferlinge)のリゾットと、ハンバーグのアンズダケクリームがけ。
スーパーでアンズダケが50%オフになっていたので思わず衝動買いしちゃったけれど、スーパーの、ビニール袋に入れてあるアンズダケは保存に向かない。水分がこもってべちゃべちゃになる。多少高くても、紙袋(アンズダケをドライに保てる!)に入れてくれる市場とかで買ったほうがいいなと実感しました。

大量消費としての上記のメニュー、風味とかあまり期待しなかったけれど、なかなかおいしくいただけました。よかった。ちなみにハンバーグは、以前多めにつくったものを冷凍保存していたもの。ご飯を作るのが面倒なとき、こういうものを常備してあると楽ちん。

IMG_20150906_165934.jpg

ブルーベリーマフィン。これも冷凍保存していたブルーベリーを適当にぽいぽい投入。生で食べるよりも、焼いて食べたほうが甘みが増しておいしい!このおやつはリピート決定。

IMG_20150907_203602.jpg

ニュルンベルガー・ソーセージとザウアークラウトが食べたくなったので、ポレンタと併せて、バルサミコソースがけ。

退院直後はあんまり食欲がなかったけれど、今は食べたい!と思うものを食べられるようになった。食欲の秋、好きなものが食べられるのはうれしいな。おやつ断ちをして体重がもとに戻ったので、おやつとデザートだけはセーブしよう……ほどほどに、ほどほどに。
category : つれづれ

2015.09.04 *Fri*

クリスマス……?

9月4日。

近所のスーパーのお菓子売り場に、

IMG_20150904_115810.jpg IMG_20150905_120545.jpg

クリスマス・コーナーが設置されていた。

バレンタインもホワイトデーもハロウィンも、日本ほど「食品」を前面に出さないドイツ。
イベント系はイースター→夏(バーベキュー)→クリスマス……で一巡してしまうほど。そう考えると、夏が終わればクリスマス……もわからなくはないけれど、いやだ!めちゃくちゃ焦る!

スペクラチウスがだいすきなわたしも、さすがにこの時点では食指は動かない。もうちょっと……!
category : つれづれ

2015.09.01 *Tue*

カフェ開拓

ロストックを去る友達とお茶。
彼女の家の近所にあるという、割と最近オープンしたクレープ屋さんに連れて行ってもらった。

IMG_20150901_151936[1]

塩(天日塩)キャラメル・クレープと、生ミントティー。うまうまでした。
食べている間中、ずっとミツバチに付きまとわれた……ハチは、夏の後半から活発になる(また、今年はハチが多いことが予想される)らしいので、これから外で甘いものを食べるときは注意かも。

IMG_20150901_175542[1]

旧市街。この辺は、今まで歩いたことがなかった。いい景色!
ひとと一緒に散歩をすると、新しい発見があったりするので楽しい。うん。
category : つれづれ

ぷろふぃーる

YuN

Author:YuN
ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。2013年2月から、再びロストックに留学中。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。

りんく

最新記事

かてごり

最新こめんと

最新とらっくばっく

月別あーかいぶ

RSSりんく

かうんたー

Copyright © ゆうゆう自適。 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。